2009年09月22日

田澤義鋪

 田澤義鋪は、青年団運動を行い青年団の父と言われています。

 1885年(明治18年)7月20日、佐賀県藤津郡鹿島村(現鹿島市)大字高津原434番地に、父義陳・母みすの長男として生まれます。四歳で鹿島小学校に入学。幼少時は、旧鹿島藩主鍋島直彬の薫陶を受け、1901年(明治34年)旧制佐賀県立鹿島中学校卒業。熊本第五高等学校を経て1909年(明治42年)東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。同年11月に高等文官試験に合格、内務省に入省します。

 1910年(明治43年)8月、25歳の若さで静岡県安倍郡へ出向し郡長に任命。田澤は、学校教育とは無縁の勤労青年に、教育・自己修練の場を与える活動を展開し、彼らと寝食を共にしながら指導にあたりました。田澤の「青年団運動」挺身のきっかけの一つは、広島県の小学校教師山本瀧之介の情熱でした。彼は広島で青年教育を指揮し全国へ青年指導の重要性を訴え、地方の青年組織支援を内務省へ働きかけていました。 

 1915年(大正4年)、明治天皇と昭憲皇太后を祀る明治神宮の創建が決まりますと、内務省明治神宮造営局総務課長に異動。全国から青年団員を集め、彼らの勤労奉仕で明治神宮を造営することを提案し実行に移しました。現在の明治神宮や外苑の木々(いわゆる「神宮の杜」)は造営時に全国の青年団員が持ち寄ったものであることは知られていますが、これは田澤のアイデアによるものです。

 全国から集まった青年団のこの活動は、田澤の主唱の下、1925年(大正14年)の大日本連合青年団結成および日本青年館建設へとつながっていきます。

 1920年(大正9年)、財団法人協調会の常務理事に就任。講習会などを通じ青年労働者の教育に携わります。1924年(大正13年)、静岡県安倍郡の青年団に乞われ、静岡県第三区から衆議院議員選挙に無所属で立候補。制限選挙の中で、国民政治の確立と道徳政治の実現のため、選挙の改善を唱えて一切の選挙不正を排しで挑むも、惜しくも250票の小差で次点落選。同年10月に東京市助役に就任しました。

 1925年(大正14年)、日本青年館開館式において『道の国日本の完成』と題する記念講演を行います。1926年(昭和元年)、日本青年館ならびに大日本連合青年団の常任理事に就任。1929年(昭和4年)には青年団活動を経験した壮年者による、地域の魂・社会の良心をモットーとした協同組織壮年団結成の運動を全国へ広げることを目指し、「壮年団期生同盟会」を創立。

 1931年(昭和6年)、日本青年館の別館「浴恩館」に青年団指導者養成を開設。自ら指導にあたり、1933年(昭和8年)には同郷同窓の後輩でもあり親友でもあった下村湖人を所長として迎えました。1934年(昭和9年)には、日本青年館ならびに大日本連合青年団理事長となり、1936年(昭和11年)まで務めました。

 1933年(昭和8年)、貴族院議員に勅撰されます。1936年(昭和11年)、二・二六事件後の広田弘毅内閣組閣の際、内務大臣として入閣を求められたが政治信念とは相容れぬ内閣のために固辞しました。

 1944年(昭和19年)3月、四国善通寺での講演の際、日本軍の勝利を信じる聴衆を前に「敗戦はもはや絶対に避けがたい」「この苦難を通らなければ平和は来ない」と言い残し壇上で突如意識不明となり倒れます。そのまま同地で療養するも、11月に59年の生涯を閉じました。遺骨は東京都府中市の多磨霊園と佐賀県鹿島市の幸福寺に分けて埋葬されました。
posted by ss at 07:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。